日本ペット技能検定協会
各種資格認定
小動物看護士
小動物看護士資格について

小動物看護士は動物病院やペット飼育、販売の現場で疾病予防に重点をおいた活動や助言を行います。
ペット美容やトレーニングに際しても生体の健康状態を観察しつつ行う事は当然であり、愛犬家に対する健康管理上のアドバイスも欠く事が出来ません。あらゆるペットビジネス従事者は動物看護に関する高いレベルの知識と技能を持つべきであり、動物病院での獣医師の補佐や生体取り扱い現場での疾病、感染予防の主務者として日常の業務を遂行できる能力を持つ者とします。


受験資格 認定試験方式

協会指定のカリキュラムを修了した方が受験資格を得られます。
年齢制限などはありません。
筆記試験を受けていただきます。


ライセンス交付申請料

12,000円

試験レベル

実際の試験問題の一部をご紹介いたします。

過去の問題はこちらから


これまでの受験者データ

学生のみならず、幅広い年代の方が受験されています。
動物愛護法の改正など近年では動物との関わり方が見直される中、ペットとの共生社会に不可欠な資格として、その果たす役割はますます期待されています。

 
個人情報取扱方針