日本ペット技能検定協会
各種資格認定
ペット繁殖指導員
ペット繁殖指導員資格について

ペット繁殖指導員は自らトップブリーダーを目指す場合ばかりでなく、生体を扱う施設で指導的役割を果たす事の出来る有望な資格です。
もはや犬の繁殖に「カン」と「経験」が幅をきかす時代ではありません。
環境問題や動物愛護への配慮が必要な動物共生社会では、ペット繁殖指導員が果たす役割は多大です。


受験資格 認定試験方式

協会指定のカリキュラムを修了した方が受験資格を得られます。
年齢制限などはありません。
筆記試験を受けていただきます。


ライセンス交付申請料

12,000円

試験レベル 難易度

実際の試験問題の一部をご紹介いたします。

過去の問題はこちらから


これまでの受験者データ

学生のみならず、幅広い年代の方が受験されています。
動物愛護法の改正など近年では動物との関わり方が見直される中、ペットとの共生社会に不可欠な資格として、その果たす役割はますます期待されています。

 
個人情報取扱方針