日本ペット技能検定協会
各種資格認定
ペット販売士
ペット販売士資格について

ペット販売士はペット生体やペットフード、器具などの流通現場で消費者に対し、正しい飼育方法の指導や動物愛護に基づいたアドバイスを行います。同時にペット販売士は経営経理など商業実務分野でリーダーシップを発揮できる水準の管理能力を有するものでなくてはなりません。
人とペットのかかわり方が大きく変化する中で、近年、愛玩動物の流通経路や流通手段が動物愛護の視点で評価されるようになりました。
動愛法や希少動物の輸入規制など、ペットの流通に携わる者が熟知すべき法規も増え、ペット販売士が動物共生社会で果たす役割は多大です。


受験資格 認定試験方式

協会指定のカリキュラムを修了した方が受験資格を得られます。
年齢制限などはありません。
筆記試験を受けていただきます。


ライセンス交付申請料

12,000円

試験レベル

実際の試験問題の一部をご紹介いたします。

過去の問題はこちらから


これまでの受験者データ

学生のみならず、幅広い年代の方が受験されています。
動物愛護法の改正など近年では動物との関わり方が見直される中、ペットとの共生社会に不可欠な資格として、その果たす役割はますます期待されています。

 
個人情報取扱方針